メディア年表 ※Under Construction

<1970年〜1978年>

年代 メディア業界の動き
1978年 昭和53年
日本語ワードプロセッサ登場
11月6日
史上初の1時間シリーズアニメ、水島新司の「野球狂の詩」がフジテレビで放映開始(〜翌年4月)。
9月28日
日本テレビ、音声多重放送開始。(翌10月にはNHK、フジテレビ、TBSも開始)
8月26日
・27日
日本テレビが全国規模としては初のテレソン番組「24時間テレビ・愛は地球を救う」を放送。
1977年 昭和52年
10月2日
〜9日
テレビ朝日、1月に米ABCテレビで放映した大作ドラマ「ルーツ」を8夜連続、計12時間放映。

8月29日
TBSが史上初の3時間ドラマ「海は甦える」(江藤淳・作、仲代達矢主演)を放送。なお番組中、スポンサーの日立も史上初の3分CMを4本放映。
NETテレビが全国朝日放送(テレビ朝日)に社名変更。
1976年 昭和51年
7月27日
史上初のネットワーク共同制作によるドラマシリーズ、朝日放送・NET・名古屋テレビ他8社共同制作「新二人の事件簿・暁に駆ける」(篠田三郎、高岡健二主演)放映開始(〜翌年4月)。
1975年 昭和50年
3月31日
関西地区のネットワーク再編(俗に言う“腸捻転解消”)で毎日放送がNET系からTBS系に、朝日放送がTBS系からNET系にそれぞれ移行。
1974年 昭和49年
4月1日
NHK初の大型ニュース番組「ニュースセンター9時」放送開始(キャスター磯村尚徳)。
石油ショックの影響により1月から約半年間、NHK2波は23時で放送終了、民放各局も深夜番組を自粛。
世界初のパソコン発売(アルテア)
1973年 昭和48年
ファックスサービス開始
11月1日
民間教育局制度の廃止によりNETテレビと東京12チャンネル、一般局に移行。
1972年 昭和47年
5月15日
沖縄の本土復帰により「OHK」解散、沖縄内戦以来再発足のNHK沖縄放送局が業務を継承。
2月28日
NHKと民放4ネットワーク、連合赤軍浅間山荘事件(人質救出・容疑者逮捕)を現場から10時間前後にわたり生中継。
NHK総合テレビが全番組カラー化。
1971年 昭和46年
公衆電話機登場
1970年 昭和45年
鹿児島にある種子島宇宙センターにおいて、日本初の「人工衛星」が打ち上げられる。
3月14日
日本万国博覧会開会式特番「幕ひらく日本万国博」を史上初の全民放78局(当時)同時ネットで放送。
大阪で万国博覧会を開催