メディア年表 ※Under Construction

<2000年〜2009年>

年代 メディア業界の動き
2009年 平成21年
アナログ放送画面上に24時間常時(CM枠を除く)、「アナログ」ロゴマークの表示
10月1日
スカパー!HDに約60チャンネル(うちPPV8ch、プレミアム9ch、ベーシック35chなど)追加、ハイビジョン放送は合計70チャンネル以上となる。
7月10日
日本でもドコモからandroid搭載スマートフォンが登場。その後、ソフトバンク、auからも順次スマートフォンが発売される。
6月25日
テレビ朝日が本格的なVODサービス「テレ朝動画」を開始
6月
iPhone 3GSを販売
4月29日
TBSが本格的なVODサービス「TBSオンデマンド」を開始
2月2日
NHKが外国人向けテレビ国際放送を開始
2008年 平成20年
12月26日
株式会社ジュピターテレコムが、株式会社メディアッティ・コミュニケーションズを買収。
12月1日
NHKが本格的なVODサービス「NHK オンデマンド」を開始
11月1日
フジテレビが国内初の本格的なVODサービス「フジテレビ・オンデマンド」を開始
10月1日



スカパーがH.264/AVC、DVB-S2方式を用いたハイビジョン放送15チャンネル(うちPPV6ch、プレミアム4ch、ベーシック5ch)を加えたサービス「スカパー!HD」を開始。
「スカパー!HD」開始に伴い、従来の標準画質サービスを、「スカパー!SD」に名称変更。
東経110度CSデジタル放送プラットフォーム「e2 by スカパー!」を「スカパー!e2」に名称変更。
子会社オプティキャストが運営する光放送の「スカパー!光」とし、ブランド名の統一を行う。
7月24日
アナログ放送画面上に「アナログ」ロゴマークの表示を開始(ゴールデン・プライムタイム帯の番組放送のみ)
7月14日
iPhone 3G の販売台数が3日間で世界で100万台を突破。App Storeによる、アプリケーションのダウンロード数は1000万を突破。
7月11日
ソフトバンクモバイルより「iPhone 3G」が販売
7月4日
午前4時、デジタル放送録画運用新ルール「ダビング10(コピー9回+ムーブ1回)」開始
6月28日
NTTがフレッツテレビのサービス提供を開始
6月4日
ソフトバンクモバイルがアップルとの契約締結を発表
3月31日

NTTぷららの運営するサービス「ひかりTV」が、「4th MEDIA」、「オンデマンドTV」、「OCNシアター」を統合する形でサービスを開始。
3月28日
NTTが次世代ネットワーク(NGN)商用サービス「フレッツ 光ネクスト」等の提供開始
2007年 平成19年
12月1日
新BSデジタル放送局「BS11デジタル」(ビックカメラ系)、
「TwellV(BS12/トゥエルビ)」(三井物産系)開局
9月30日
NHK衛星アナログハイビジョン放送(BS9ch)終了
9月28日
株式会社ジュピターテレコムが、ケーブルウェスト株式会社(現在は子会社となり株式会社ジェイコムウェストと名称を変更)を買収。
9月1日
株式会社ジュピターテレコムが番組供給事業統括会社のジュピターTVと合併。
6月29日
アメリカでアップル社よりiPhoneが発売。携帯電話事業者はシンギュラー・ワイヤレス。
2006年 平成18年
4月1日
携帯端末向け地上デジタル放送「ワンセグ」、全国29都府県で本放送開始
2005年 平成17年
3月25日
日本国際博覧会(愛知万博)開催
3月1日
NTT西日本が、「フレッツ・光プレミアム」を開始
2004年 平成16年
12月8日
NTTコミュニケーションズが、Bフレッツ加入者向けに「OCNシアター」を提供開始。
10月20日
通信衛星MBSatを使用してモバHO!のモバイル受信向けCSデジタル放送始まる。
10月1日
茨城、富山で地上波デジタル放送開始(東京、名古屋、大阪の3大都市圏以外で初めての放送となる。)
9月
スカイパーフェクTV!110 で、専門チャンネル初のハイビジョンチャンネル「スター・チャンネル ハイビジョン」が始まる。
7月8日
株式会社NTTぷららが「4th MEDIA(フォース・メディア)」を提供開始。
7月1日
NTTコミュニケーションズが集合住宅向けに「OCNシアター」サービス開始。
4月5日
BSデジタル放送、地上デジタル放送の全番組にコピーワンスの著作権保護技術を適用開始。(これにより録画後のコピーが不可能となる/*VHSビデオデッキなどのアナログ機ならこれまで通り録画できる)
3月1日
スカイパーフェクTV!2 とプラットワンが統合、スカイパーフェクTV!110(現スカパー!e2)に。
2月29日
日本テレビが汐留の新社屋に移転
2003年 平成15年
12月1日
東京、名古屋、大阪の3大都市圏でNHK、民放一斉に地上波デジタル放送開始
11月21日
標準テレビジョン方式の有線役務利用放送が始まる。K-CAT eo T.V. (現 K-CAT eo光テレビ、役務提供ケイ・オプティコム、役務利用ケイ・キャット)等
10月1日
テレビ朝日、正式社名を「全国朝日放送」から「テレビ朝日」に変更。
2月1日
NHKが世界初・南極にハイビジョン放送センターを開局(テレビ放送50周年記念)
地上アナログテレビ搭載携帯電話発売
2002年 平成14年
3G回線の商用サービスをKDDIグループとJ-PHONE(現ソフトバンクモバイル)も開始。
広義のケーブルテレビである有線役務利用放送が始まる。ビー・ビー・ケーブル株式会社による BBTV (IPマルチキャスト方式)等。
10月4日
株式会社オン・デマンド・ティービー(主要株主はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ)が
「オン・デマンド・TV」サービスを提供開始。
7月1日
通信衛星N-SAT-110を使用してスカイパーフェクTV!2(現 スカパー!e2)の110度CSデジタル放送始まる。
3月1日
通信衛星N-SAT-110を使用してプラットワンの110度CSデジタル放送始まる。
2001年 平成13年
カメラ付き携帯電話発売
携帯デジタルオーディオプレイヤー登場
NTTドコモが世界に先駆けて3G (W-CDMA) の商用サービスFOMAを開始
6月28日
NTTが光・IP通信網サービス「Bフレッツ」の本格提供開始
2000年 平成12年
「BSデジタル放送」の試験放送が東京キー局の各社によって開始される。12月より本放送開始。
12月26日
NTTが「光・IP通信網サービス(仮称)」として一部の東京都区部及び大阪市で試験サービスを開始
12月12日
NTTがフレッツADSLを販売開始
10月
ディレクTV廃局に伴い、ディレクTVで放送していたチャンネルの一部が、この日までにスカイパーフェクTV!へ移行を完了し放送開始。
9月1日
株式会社ジュピターテレコムが、株式会社タイタス・コミュニケーションズ(完全子会社化し、株式会社ジェイコム関東となる。現在は株式会社ジェイコムイーストに名称変更)を買収。
3月

アメリカ・ディレクTVの当時の親会社ヒューズ・エレクトロニクスは日本での「ディレクTV」事業継続を断念。 スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)に出資するとともに、契約者をスカパー!に移管させ事実上統合、 2000年9月30日をもってサービスを終了し、同年10月2日をもって廃局した。